HOME > 茶草場農法 有機栽培茶

茶園周辺で刈り取った雑木・雑草を茶畑に有機肥料として投入する農法です。
この投入する草木を刈り取る採草地を茶草場と言い、草を定期的に刈り取ることにより茶草場は絶滅危惧種も含む生物(キキョウ等の植物や、羽のないバッタ(カケガワフキバッタ)等の動物)が住む場所も作ってきました、高い品質のお茶を生み出すための農家の営みと自然の営みが調和した世界でも珍しい自然共存型の農法として世界農業遺産に認定されました。

静岡の茶畑の航空写真

有機栽培茶とは化学合成農薬や化学合成肥料、除草剤なとを使わない自然循環機型の栽培方法で作った緑茶です。

有機栽培は「化学合成農薬や化学合成肥料、除草剤などを使用せず、最初の収穫から3年以上の間、堆肥などによる土壌作りをした圃場(ほじょう)で生産された農作物」という厳しい規定がありそれを満たす農産物のみが有機栽培として農林水産大臣認定のJASのマークを付けることが許されます。

伝統的な茶草場農法は、有機栽培をごく普通に実践し、高い品質のお茶を作っていたのです

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

1件〜2件 (全2件)