HOME > 碧ウーロン茶

碧(あおと読みます)ウーロン茶って、ご存知ですか?あまり耳なれないですよね。日本でウーロン茶と言えば、黒ウーロン茶がよく宣伝されていますが、中国茶の世界では、高級ウーロン茶と言えば、上品な味わいを醸すため発酵度を抑えた、碧ウーロン茶を推す方が多いようです。

和のテイストを求めたら、やっぱり「碧」になりました。発酵度を低く抑え、さらに微妙な感覚の軽い焙煎で仕上げた、独自の「微焙煎低発酵」です。渋みがなく甘みがあり、まろやかで清々しい風味、中国茶通もうなづく高級感あふれるウーロン茶になりました。ほのかに漂う花の香りが、リラックスを誘います。

微焙煎低発酵
ウーロン茶は、摘み取った茶葉を萎凋(水分を取る作業)させながら発酵を進ませ、頃合いを見計らい焙煎して酸化発酵を止めます。「半発酵」と呼ばれる作り方です。和のテイストの碧ウーロン茶は、発酵の進み具合や焙煎の火加減・時間を熟練の技で見極めた、独自の「微焙煎低発酵」仕上げです。一般的な黒ウーロン茶とは一味も二味もちがう、清々しい風味と上品な香りをどうぞお楽しみください。。

「中国産や台湾産の味になじめなかった」「安心して飲めなかった」そんな多くの声に、お応えできたと思います。和のテイストの碧ウーロン茶は、品質管理に万全を尽くし、茶葉の栽培から製茶の全工程、さらにはティーバッグ加工にいたるまで、お茶処静岡の牧之原にて一貫して作り上げています。安心の◎です。

原料の茶葉は、牧之原の自家管理農園で丹念に育てた、人気の健康品種「べにふうき」だけを使用。完全管理された清潔な工場で、丁寧に製茶し、仕上げ加工しました。香り高いべにふうきがもたらす花のような香りは、まさに、癒し系ウーロン茶の決定版と言えそうですね。

茶葉のまるさがまろやかさ
茶葉のカタチにご注目ください。見なれたウーロン茶とはちがって、まるみを帯びているのが分かると思います。製造過程で丁寧に茶葉を揉むことで、こんなカタチになりました。味と香りを包み込むために欠かせない手間ひま。和のテイストならではのまろやかさの秘密です。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

1件〜2件 (全2件)