キャンプで飲むソフトドリンクといえば、皆さんは何を思い浮かべますか? やっぱり
コーヒーでしょうか? 日本のキャンプは、もともと海外から輸入されたレジャーという
イメージがあり、それに付随してコーヒーを思い浮かべることも多いでしょう。パーコレー
ターをはじめ、キャンプで簡単にコーヒーを淹れることができる道具も多く販売されて
いますしね。
 しかし、せっかく日本で生活しているなら、私たちに馴染みの深い“日本茶”を飲
んでみるという方法もアリではありませんか? しかも、ペットボトルでただ飲む日本茶
ではなく、自分で手間暇かけて作る「手作りのお茶」というものを。
 キャンプ場でこだわりをもってコーヒーを飲む方法は、コーヒー豆をミルで挽いて、
ドリップやプレスといった方法で抽出するのが主流でしょう。外で飲むコーヒーは、ま
さに格別! しかし、日本茶も負けてはいません。我々が提案するのは、「ほうじ茶」
の素を自ら“焙煎”し、“煮出し”で淹れる方法。フライパンやコッヘルなどでお茶の
葉または茎を焙煎し、水を入れて煮ます。最大の特徴は以下の3 つ。

 

 唐突ですが、ほうじ茶を聞かれて、皆さんはどんなお茶なのかご存知ですか? 
実はほうじ茶の効能は、キャンプをする人にとってありがたい恩恵がいくつもあります。

 

1.カフェインが少ない

 コーヒーや他のお茶にはカフェインが含まれており、この成分で尿の出を促すといわれています。しかし、このほうじ茶はこのカフェインがごく少量しかないとされています。これがキャンプでどんなメリットがあるのか? たとえば、夜になって眠れなくなることが少なくなります。また、利尿作用が少なくなるので、水分を余分にとる必要がありません。さらに、カフェインが入っていることで飲めないお子様やお年寄りでも、気兼ねなく飲むことができます。ファミリーでキャンプをするときには、まさに最適なドリンクなのです!

 

2.フッ素が豊富に含まれている

 フッ素は、虫歯予防に効果があるといわれている成分。残念ながら、歯磨き粉などに含まれているのはフッ素化合物という人工的に作られたもので、体内に入ると健康面ではあまりよろしくないようです。しかし、ほうじ茶に含まれているフッ素は天然成分なので、体内に入っても問題ないとのこと! 虫歯予防の効果も十分にあるようなので、大人もお子様も安心して飲めますね。

 

3.リラックス効果がある

 お茶にはテアニンという香り成分が含まれており、これのおかげでリラックス効果を得られるとされています。ほうじ茶にも含まれていますが、他の日本茶と比べて“焙煎”の行程をすることにより、ほうじ茶は高いリラックス効果が得られるそうです。しかも、本製品はキャンプ場で煎りたてのほうじ茶が飲めるので、鮮度も申し分ないのです。

以上のように、ほうじ茶はキャンプで大活躍する日本茶なのです。

 

 

 さまざまな効能があるほうじ茶。しかし、これを読まれた人の中には「本当においし
いの? 焙煎と聞いて難しいイメージがあるけど、本当に簡単なの?」と疑問に思う人
もいるでしょう。そこで、キャンプ初心者からベテランまで楽しませるNo.1 オートキャン
プ情報誌「ガルヴィ」編集部で実際に焙煎から試飲までやってきました! 以下がそ
の感想です。

 

 焙煎について

 ほうじ茶の茎と葉では、焙煎時間が異なります。茎は少々長めに火にかけましたが、葉はあっという間に香りが立って、すぐに飲めちゃいました! むしろ、火にかけすぎて焦げちゃったかな…… ( 笑)。じっくり火にかけてゆっくり飲みたい人は茎で、すぐに作ってほうじ茶を飲みたい人は葉を選ぶのが吉かもしれません!

 

 味について

 葉は、ほうじ茶の濃厚な味を楽しむことができ、茎は、すっきりした印象でスイスイと飲むことができました。両方飲んでみて、やはりその場で作るお茶は新鮮! ということ。コーヒーが苦手な人やカフェインレスのドリンクを飲みたい人は、ぜひ飲んでもらいたいです。

 

 焙煎して、煮出して、そしてコップに注ぐ。たったこれだけで手作りのほうじ茶を作
ることができます。また、アレンジとしてミルク・砂糖を淹れればほうじ茶ラテ、さら
にジンジャーやシナモンといったスパイスを加えればよりバリエーションが増えます。老
若男女問わず、誰でも飲むことができるほうじ茶は、キャンプで使えばひと目置かれる
こと間違いなし! ぜひ味わってみてください。

 

 

創業からお茶ひとすじ小栗農園がRoasteaのために厳選!

緑茶生産量日本一の静岡県で大正5年の茶園造園から、よりよいお茶づくりを目指してきた
小栗農園がRaosteaのために「美味しいほうじ茶に炒りあがる茶葉」を厳選しました。
高級ほうじ茶の味を、好みの焙煎具合で、しかも出来立てで味わっていただくための「手づくりほうじ茶セット」です。

 

炒りたての美味しいほうじ茶を飲んでもらいたい!

そんな時ひらめいたのは抹茶の原料である「碾茶」の茎。

抹茶の原料「碾茶」の茎の部分は、一般には出回ることの少ない貴重なお茶ながら、
これを焙煎したものは高級ほうじ茶「雁が音ほうじ」としてメジャーな存在です。