小栗農園シリーズ

小栗農園メイン画像
創業以来、守り続ける味

静岡牧之原で、お茶づくりに携わって100余年。
「美味しい」と言っていただけるお茶づくりを貫いてきました。

伝統あっての革新。
私たちのお茶はここから始まっています。

伝統の味「深蒸し茶」

創業からこだわり続けたのは、渋みがやさしくまろやかでコク深い味わいの深蒸し茶。
OGURI TEA FARM1916(株式会社小栗農園)は、製茶の最終段階を担う仕上工場として、地元牧之原の茶農家と連携し、美味しいと言っていただける深蒸し茶の生産を行っています。

「深蒸し茶」とは

製茶工程の第一段階『蒸し』の時間を、一般的な「普通煎茶」の2〜3倍かけることで渋みが和らぎまろやかな味わいになります。
同時に茶葉が加熱によりもろくなり、粉状にくずれることで独特のにごりのある深い水色になります。
日照時間が長く、お茶の樹が良く育つがゆえに渋みが強かったかつての牧之原のお茶を、美味しく飲んでもらいたいとの思いで考案された製造方法です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

11